グルコサミンとは

グルコサミンとは

膝やくるぶしなどの関節痛に効くといわれるグルコサミン。
グルコサミンという成分について調べてみました。

 

Wikipediaをみてみたら難しい〜(汗)
という事で色んな情報をひじょ〜に簡単にまとめてみました。

 

グルコサミンとは?

 

グルコースにアミノ酸がくっついた糖(ムコ多糖)の一種。
ムコ多糖は、動物の軟骨や皮膚に多く存在しています。
そのほか、カニやエビなどの甲骨類の殻にも含まれています。

 

カニ

 

グルコサミンは加齢とともに不足していきます。
そうすると、膝関節を形成する軟骨が弱くなり痛みが生じる。
お年寄りが「膝が痛い」「足腰が痛い」と言うのはそのためです。

 

グルコサミンが不足したらどうしたらいいのか?
自分で形成できないとすれば、カニさん・エビさんに頼るしかないんですね。
日々、カニとかエビを食べまくる!!

 

・・・流石に無理がありますね。

 

そこでサプリメントを服用するのが一般的です。
グルコサミンのサプリメントは殆どカニやエビの甲殻類から出来ています。

 

グルコサミンサプリメントの人気ランキングはこちら

 

カニやエビが苦手な人には植物性のグルコサミンサプリがあります。


 
グルコサミンについて グルコサミンの効果とは? グルコサミンのお勧めランキング 変形性膝関節症